普段からアイシャドウを使っている人もいるでしょう。

そんな普段使いのアイシャドウの色は何色がいいのでしょうか?

今回はアイシャドウの色は与える印象について書いていきますね。

sukihada2

暖色系のアイシャドウが与える印象

アイシャドウ 印象 暖色系 赤 ピンク
https://www.mbok.jp/item/item_412087086.html

まずは暖色系のアイシャドウが与える印象について見ていきましょう。

なおここでは赤とピンク系についてまとめてみました。

 

《赤:セクシーな印象》

赤のアイシャドウは基本的には血色感のあるセクシーな印象に仕上げることができます。

赤を使うのであればアイシャドウでふんわりと使っていくといいでしょう。

バーガンディなら大人っぽい秋冬な印象を与えますが、ピンクレッドなら春などにも使いやすい可愛らしい印象を与えます。

赤を使う時にはアイホール全体に広げたり、ぼかし過ぎないようにし、また単色で使わない方がいいです。

 

赤は目元を腫れぼったく見せやすいです。

広範囲に広げてしまうと酔っ払いのように見えたり、厚ぼったいまぶたに見えるので注意しましょう。

ブラウン系と組み合わせると腫れぼったい印象がなくなり、ナチュラルに目元を引き締めてくれるのでオススメですよ。

 

《ピンク系:可愛らしい、愛らしい、女の子らしい印象》

ピンク系は目のきわなどにポイントとして使用しても他の色味に負けることのない色です。

ピンク系といっても淡く薄い色からビビットカラーまでありますよね。

色を使い分けることで可愛らしい印象から元気なイメージまで印象をガラッと変えられます。

 

このように暖色系でもガラリと印象を変えることが可能です。

sukihada3

その他の色の印象は?

アイシャドウ 印象 ブラウン ブラック
https://item.fril.jp/e9d57dde2e6834858f480f9473de7750

先ほど、赤とピンク系の印象について触れました。

ではそれ以外の色ではどうなのでしょうか?

 

《ブルー系:サッパリ感、みずみずしさ、潤い感のある印象》

ブルー系はまぶた全体に塗ると重く見えたりして綺麗な感じを失いがちです。
しかしアイライナーの上からシャドウを塗るというより、ラインのようにひく感じで使用するとワンポイントとなって綺麗に見えます。

また、パールを含んだ白のアイシャドウを混ぜることで、まぶた全体に塗ってもみずみずしく見えたりします。

 

《ブラウン系:ナチュラル、大人っぽい印象》

一般的に多く使われている色です。
濃さや塗り方によって派手に見せたりナチュラルに見せたりできます。

ブラウン系は失敗ということがなく、どんな目でもなじんでくれます。

ベースで使ったり、アイホール全体に使用したり、二重部分に使用したりと、色んな場面で使えます。

 

他にも、

ブラック系:強い、濃い、彫り深い印象

グリーン系:爽やか、涼しい、鮮やかな印象

シルバー系:涼感、知的な印象

などがあります。

 

どのような印象にしたいかでアイシャドウの色を決めるなんていうのもアリですよ。