アイシャドウは目元を華やかにしてくれます。
人によってはそんなアイシャドウを思うように塗れない経験、ありますよね。

 

アイシャドウを塗るのが上手くない人でも綺麗に塗る方法はないのでしょうか?

今回はアイシャドウの基本と塗り方について書いていきますね。

アイシャドウの基本

アイシャドウ 基本 役割
http://getbeauty.jp/archives/3235

アイシャドウのパレットには複数の色が入っています。
それらは単純に色が入ってるわけではなく、奥行き感を出すだめに必要な役割のあるカラーが入っています。

 

ではそれぞれの役割を見ていきましょう。

《ハイライトカラー》

まぶた全体に透明感を与えてくれます。
光沢感があるので目元に明るさとツヤを与えます。

パレットによってはハイライトカラーが2色入っている事もあります。

 

《ミディアムカラー(中間色)》

メインカラーよりも薄めの色味です。
グラデーションを作るために必要です。

 

《メインカラー》

一番濃い色で、目元を引き締めてくれます。
目の際や二重の幅の入れることでめを印象的にしてくれます。

 

次は塗るのに使うツールを見ていきましょう。

《アイシャドウブラシ》

まぶたにアイシャドウを乗せる時に必要になります。
ソフトな感触で、柔らかく色が入ります。

大きいタイプは上まぶたに乗せる場合に、小さいタイプは下まぶたに乗せる場合に使い勝手が良いです。

 

《チップ》

ブラシよりもしっかりと発色させる事ができます。
目の際などのしっかりと色を出したい部分に便利です。

bimazyo

アイシャドウの塗り方

アイシャドウ 基本 塗り方
https://i-see.in/articles/5310

アイシャドウを上手に塗れない人はまず基本的な塗り方から始めましょう。

大事なのは慣れる事です。

 

①ハイライトカラーをブラシで取り、手の甲で余分な粉を落とす

 

②アイホール(まぶたの目頭と目尻を半円状に囲んだ場所)全体にハイライトカラーを乗せる

まぶたのくすみをカバーする

 

③上まぶたの目の際に細くメインカラーを乗せる

 

アイホールに向かってメインカラーを軽くなじませる

 

⑤ミディアムカラーをその上に乗せる

横に塗ってから縦になじませると綺麗なグラデーションになる

 

⑥ハイライトカラーを、アイホールの外側ラインに軽く重ねる

 

下まぶたの部分、目元~目尻にかけてハイライトカラーを乗せる

→タレ目風にしたい場合は目尻1/3のラインまで締め色を乗せる

 

アイシャドウは基本の塗り方だけでも華やかに見えますよ。