旅行などの出先やお泊りなどの時にうっかり化粧下地を持っていくのを忘れたという経験はありませんか?

わざわざ新しく買うのももったいないし、何かで代用できたらいいですよね。

 

化粧下地として乳液を代用して使う事はできるのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

化粧下地の代用として乳液は使える?

化粧下地の代用 乳液 SPF値
https://www.bibeaute.com/article/185657

乳液でも化粧下地の代わりに使う事は可能です。

 

ただし『SPF効果があるもの』というのが前提になります。

また、そのSPFの値にも十分に気をつけなければいけません。

 

日常生活で外出する時は、SPFは25くらいが良いといわれています。

ところが『UVカット効果がある』と謳っている乳液でもSPF値があまり高くないものもあるんです。

屋内ならSPF10程度でも問題ありませんが、外出する時には少し足りません。

 

なので外出する場合は日焼け止めやファンデーションでSPF値を調整する必要があります。

bimazyo

乳液以外に代用できるものはある?

化粧下地の代用 日焼け止め ワセリン
http://www7a.biglobe.ne.jp/~sysoap/recipe-uv.html

先ほど日焼け止めで調整と書きましたが、商品によっては日焼け止め自体を化粧下地の代用品として使えます。

『化粧下地として使えます』と書かれているものもあるので、普段からそういった日焼け止めを選んでおくといいでしょう。

 

ただ、普段ナチュラルタイプの化粧下地を使っている人が日焼け止めで代用した場合はクレンジングに注意してください。

ナチュラルタイプの化粧下地の時は、サッと洗顔だけで落としていたという人も多いでしょう。
ところが日焼け止めは基本的にきちんとクレンジングした方が良いものが多いです。

 

ナチュラル化粧下地の時と同じ感覚で洗顔だけで済ませると、肌トラブルの原因となるおそれがあるので注意しましょう。

 

他にもワセリンで代用する方法もあります。

しかしワセリンは油分が多いため、扱いが難しいです。

顔全体に使うとアイメイクなどのノリが変わってきてしまうおそれもあります。

 

肌に合う、合わないがハッキリと出る事も多いです。

なので化粧下地として使うにはある程度慣れる必要があります。

 

 

このようにワセリンは初心者には扱いが難しいので、化粧下地の代用品としては乳液や日焼け止めがオススメといえるでしょう。