化粧品売り場に行くとBBクリームとCCクリームを見かけるのではないでしょうか?

最近では珍しくなくなり、使っている人も多いと思います。

 

ところでBBクリームとCCクリームの違いって把握していますか?

また、肌への負担はどっちが大きいのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

sukihada2

BBクリームとCCクリームの違いとは?

BBクリーム CCクリーム 違い
http://beskin.blog.shinobi.jp/

BBクリームもCCクリームも化粧下地の役割を兼ねているベースメイクアイテムです。

ただしBBクリームはカバー重視の仕上がりになるのに対し、CCクリームはナチュラルな仕上がりになります。

 

また付随している役割にも、

BBクリーム日焼け止め、ファンデーション

CCクリームコントロールカラー(色味補正)

といった違いがあります。

 

BBクリームはファンデーションの役割も担っているので、比較的しっかりとした仕上がりになります。

一方のCCクリームにはファンデーションの役割はありません。
しかし素肌の色味を補正メイクすることで自然な仕上がりになるんです。

 

まとめると、

BBクリーム塗ってカバー

CCクリーム補正メイクをしてぼかす

といった違いがあります。

sukihada3

BBクリームとCCクリーム、肌への負担が大きいのはどっち?

肌に優しい CCクリーム 合成着色
http://biyo-chikara.jp/cosme/17276/

結論からいうと、肌への負担が大きいのはBBクリームです。

 

BBクリームにはカラーが配合されていて、カラーを肌の上にのせて肌のアラを隠します。

このカラーが配合されているかどうかで肌への負担は大きく変わります。

 

BBクリームをはじめ、メイクに入っているカラーは合成の物がほとんどです。
合成着色は肌に大きな負担をかけてしまいます。

なのでカラーが配合されていないCCクリームの方が肌に優しいです。

 

この理由から、CCクリームはBBクリームだけでなくファンデーションよりも肌に優しいといえるのです。

 

ちなみに、

  • 伸びが良く自然に肌に馴染んでくれる
  • BBクリームよりも美容成分配合に力を入れているものが多い
  • 軽く付くので皮膚呼吸をしやすい

といった点もCCクリームが肌に優しいといわれる理由です。