最近はCCクリームを使用している人も増えてきましたよね。

 

そんなCCクリームですが、色を意識して選んでいますか?

自分の肌に合った色のCCクリームを使うことで、より素肌を美しく見せられます。

 

今回は肌に合ったCCクリームの選び方について書いていきますね。

sukihada2

まずはパーソナルカラーを知ることが大事

CCクリーム パーソナルカラー ブルーベース イエローベース
https://us.ippin.com/products/5XP78UWD8CW800SWK484KOC0K-details?lang=ja

肌の色には個人差があります。

しかしその全ては『ブルーベース』『イエローベース』の2つに分けられます。

この肌の基本となる色のことを『パーソナルカラー』といいます。

 

ではそれぞれの特徴を見てみましょう。

《ブルーベース》

白人に多い

静脈の影響が強くて色白

日焼けしても赤くなるだけで終わる

髪を明るくし過ぎると違和感が出る

ピンクやグリーンの化粧品が似合う

寒色系の洋服が似合う

 

《イエローベース》

黄色人種に多い

静脈の影響が低くて黄身がかった色

日焼けすると黒くなる

明るい色の髪が似合う

オークル系のファンデーションが似合う

暖色系の洋服が似合う

 

黄色人種である日本人はイエローベースの方が多いですが、ブルーベースの人も少なくはありません。

CCクリームの色が合わない原因はここにあります。

日本人だからイエローベースだと思い込んで使ってみると違和感が出てしまうんですね。

sukihada3

CCクリームの選び方は?

CCクリーム 選び方 肌の色に合わせる
https://hair.cm/article-27135/

CCクリームを選ぶ際は、自分の肌に合わせて選ぶようにします。

では選び方を見ていきましょう。

 

《黄色がかった肌色の場合》

日本人に多い黄色がかった肌色はくすんで見えてしまうことが多いようです。

そこでイエローベースのCCクリームを使用すると、肌の色が明るくなるのでくすんだ印象を抑えられます。

また、グリーンベースとの相性が良いです。

特に口周りや目の周りなどは黄色が強くなるので、CCクリームを塗る際はそこを意識して丁寧に塗りましょう。

そうすると明るい印象になりますよ。

ただし厚く塗るとヨレや化粧崩れがおきやすくなるので注意してください。

 

《青白い肌色》

色白の人は顔色が悪い印象を持たれやすいです。

そこでピンク系のCCクリームがオススメです。
肌の白さを活かし、血行を良く見せてくれます。

肌の色が白いのでピンク系を使うことで、血色の良さが肌の内側から透けているような綺麗な肌を作れるんです。

特に目の下など、皮膚が薄い部分は他の箇所よりも青白く見えやすいです。
そこにピンク系を塗ることで顔の色ムラを整えられます。

ピンク以外にも、オレンジベースのCCクリームにすると温かみのある色に見せられます。

 

他にも、

日焼けした肌グリーンベースパープルベース

赤みがかった肌グリーンベースイエローベース

シミ、ソバカスなどが気になる肌イエローベース

 

また、くすみやクマ、色ムラは素肌の色やくすみの色、印象などによって適した色が異なります。

茶色でくすんで見える場合オレンジベースで明るく

黄色くくすんで見える場合グリーンパープルベースで抑える

顔全体がくすんで見える場合イエローベースで肌のトーンを整える

 

これらの点を意識してCCクリームを塗ると、肌をより綺麗に見せられますよ。