美肌や美白に興味ありませんか?

実はこれらに効くフルーツがあるんです。

 

美肌・美白に効くフルーツでオススメのものは何なのでしょうか?

今回は上記の疑問と食べる際のポイントについて書いていきますね。

美肌・美白に効くフルーツは?

美肌 美白 効果的 フルーツ バナナ レモン オレンジ りんご
http://news.selfdoctor.net/2015/06/30/4497/

果物といっても種類はたくさんあります。

その中から特に美肌・美白効果の期待できるフルーツを見ていきましょう。

 

バナナ

ビタミンBやビタミンC、カロテンが豊富に含まれています。
カロテンは体内でビタミンAに変わり、皮膚の健康を保持する働きがあります。

他にも鉄分やマグネシウム、カリウムといったミネラルも豊富で、肌荒れの元となる便秘を改善する効果もあります。

 

レモン

柑橘類の中でトップクラスにビタミンCが豊富です。
抗酸化作用に優れ、老化の原因となる活性酵素の除去だけでなく、メラニン色素の沈着を防ぐ効果もあります。

 

オレンジ

オレンジに豊富に含まれるビタミンCはコラーゲンの生成を促進します。
そのため、肌にハリを与えてくれます。

またβ-カロテン(ビタミンA)、ビタミンB1、B2なども豊富で、リン、鉄、ナトリウム、カルシウムなどのミネラルも多く含んでいます。
非常にバランスの良い栄養素を持つ果物といえます。

 

りんご

ポリフェノールには強い抗酸化力があります。
活性酸素から肌や体を守り、角質や皮膚のダメージを防いでくれます。
またエラスチンとコラーゲンが豊富に含まれているので、肌を若く保つ効果が期待できます。

 

他にもマンゴーやパパイヤ、スイカなどもオススメです。

なお、レモンやオレンジといった柑橘類は食べる時間帯に注意が必要です。
(その理由は以下で説明します。)

bimazyo

食べる際のポイントは?

フルーツ 食べる 注意点 時間帯 柑橘類 紫外線
http://suppleconcier.com/ringopolyphenol-468.html

ではこれらのフルーツを食べる際、どのような点に注意すればいいのでしょうか?

ポイントをまとめてみました。

 

柑橘類は食べる時間に注意する

柑橘類は朝食で摂ると体にはいいのですが、美白を目指している人にはオススメできません。

何故かというと、柑橘類にはビタミンC以外に『ソラレン』という成分が含まれています。
このソラレンには光毒性という性質があり、紫外線に過敏に反応して吸収しやすくしてしまうのです。

つまり柑橘類を食べて外出して紫外線を浴びてしまうと、シミや色素沈着を引き起こすおそれがあるのです。

柑橘類を食べる際は夕方などに食べるのをオススメします。

 

空腹時に食べるようにする

フルーツは空腹時に果物単独で食べることが大切です。

人間の体にとって、フルーツは最も消化しやすい食べ物です。
空腹時に摂れば30~40分くらいで消化されて体のエネルギーに変わります。

食後のデザートとして食べた場合、まだ胃には消化されていない食物が残っているので長く胃に留まってしまいます。
そうなると場合によってはちゃんと消化されないまま腸に行ってしまいます。

この過程で発生した毒素が体に悪影響を与える場合があるので注意してください。

 

食べるタイミングに注意して美肌・美白を更に目指しましょう。