旅行に行く時、特に海外の場合は飛行機を利用することが多いでしょう。

飛行機に乗る際に規制されるものとされないものがあるのはご存知かと思います。

 

ではマニキュアは飛行機に持ち込み可能なのでしょうか?

今回は『マニキュアは飛行機に持ち込めるのか?』という疑問について、国内線の場合と国際線の場合をそれぞれ書いていきますね。

国内線の飛行機に持ち込める?

マニキュア 飛行機 持ち込み
https://topicsfaro.com/shinagawa-haneda.html

国内線の場合は、機内に持ち込める化粧品は1個当たり500mlまたは550g以下のものしか許可されていません。

 

ここでいいう化粧品とは国土交通省が定義しているものです。

それによると『身体、身だしなみを手入れするもの、清涼、芳香、消臭、除菌効果のある嗜好品』とされています。

 

マニキュアは化粧品に該当するので、この基準以下になるようにしましょう。

=>マニキュアが面倒な方におすすめの商品はコレ!

bimazyo

国際線の飛行機に持ち込める?

マニキュア 国際線
http://trendwings.com/archives/4928.html

国際線は国内線と比べると、液体に関する制限がとても厳しいです。

マニキュアもですが、水分を含んでいるジェル等もすべて液体とみなされるので注意しましょう。

 

機内に持ち込む液体は、100ml以下の容器に入れる必要があります。

ここで注意しなければいけないのが、中身の液体の量ではなく、容器が基準という点です。

 

例えば350mlの容器に50mlしか残っていなくても持ち込めないのです。

そしてそれらの容器を1リットル以内の再封可能な透明なプラスチック袋に入れます。

袋は縦・横の合計が40cm以内と定められています。

 

なお制限を越えてしまうと、手荷物検査を行っている保安検査場で破棄しなければいけません。

マニキュアの持ち込みが面倒な方は…

マニキュアの持ち込みについて書いてきましたが、マニキュアを持ち込むのが面倒な方もいると思います。

そういう方におすすめなのが「ジェルネイル」です。

ジェルネイルとはジェルと呼ばれる液体を爪に塗ってUVライトかLEDライトを当てて固めて仕上げるネイルをさします。
なので、ジェルネイルは塗ったあとにライトを使って固めるのです。

ジェルネイルだと3週間くらいは持つので、旅行前に塗る事で、マニキュアなどを持っていかずにすむわけです。

 

そしてジェルネイルを使いたいなら下記のジェルネイルスターターキットを試してみてください。

初めての方でも安心して使えますし、この機会にマニキュアからジェルネイルに乗り換えるのもアリだと思います。

ジェルネイルスターターキットの詳細や購入は下記の画像をクリック