肌の状態はは日々行うスキンケアによって左右されやすいです。

スキンケア商品にだけ意識が行きやすいですが、他にも意識しておくべきなのが洗顔です。

 

洗顔でぬるま湯を使う時、温度はどのくらいが良いのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

sukihada2

洗顔におけるぬるま湯の温度はどのくらい?

洗顔 ぬるま湯 温度 30℃以上
http://sukihada.com/1107.html

洗顔時に使うぬるま湯の温度を知る前に、肌の事を知っておきましょう。

 

顔の表面の温度は体温よりも少し低く、32℃程度しかありません。
そして洗顔で落としたい皮脂は30℃くらいで溶け出します。

つまり30℃以上のぬるま湯で洗い流すことで、皮脂が表面に浮いて綺麗に洗い流せるんです。

 

また、温度が重要なのは洗い流す時だけではありません。

泡立てネットを使って洗顔料を泡立てる時、ネットに水分を含ませますよね?
その時に使うのも水ではなくぬるま湯を使いましょう。

冷たい水では上手く泡立ってくれないからです。

 

このように、ぬるま湯を使うのは美肌のためには重要なのです。

sukihada3

冷たかったり熱かったりするとどうなる?

洗顔 冷たい 汚れが落ちない 熱い 必要な皮脂が取れる
https://vsatp.com/bath/61/

冷たい水で洗顔をすると毛穴が引き締まる感じがするので、肌にとってプラスになるイメージがありませんか?

しかし冷たい水で洗顔するのはオススメできません。

 

洗顔で使う水の水温が低すぎると毛穴が開きません。
毛穴が開かないので汚れが落ちにくくなるんです。

毛穴が詰まるとニキビの原因になったりします。

 

では反対に熱いお湯で洗顔をするのはどうなのかというと、それもオススメできません。

熱すぎると必要以上に皮脂が落ちたり、角質を取りすぎてしまったりするんです。

これが乾燥やくすみなど、肌を傷つける原因となるおそれがあります。

 

とはいえ、肌の状態は毎日違います。
ぬるま湯が必ずしもその日の肌に最適とは限りません。

自分の肌に適した温度は自分の肌で確認して、最適温度を見つけるのが一番の近道ですよ。