スキンケアをするに当たって欠かせないのが洗顔です。

 

そんな洗顔ですが、泡立てない方がいいのでしょうか?

泡立てない場合、どのような問題があるのでしょうか?

 

今回は上記の内容などについて書いていきますね。

sukihada2

洗顔は泡立てない方がいい?

洗顔 泡立てた方がいい 毛穴 汚れ 皮脂 落とす
http://www.bibeaute.com/article/12390

洗顔をする時、洗顔料を使う人が多いと思います。

その際に泡立てない方がいいのでしょうか?

 

いいえ、その逆で洗顔料は泡立てた方がいいです。

できるだけ泡を作った方が洗顔の効果が期待できます。

 

泡のメリットは肌に優しい点と、細かい所にまで洗顔料が行き届くという点です。

泡立てていないと、肌には摩擦が発生します。
肌に摩擦が生じると肌の表面を傷つけてしまい、様々な肌トラブルの原因になるおそれがあります。

泡は肌を滑っていくため摩擦が小さく、肌への悪影響はあまりありません。

 

また、汚れや余分な皮脂は肌表面だけでなく、毛穴の中にも詰まっています。

泡なら毛穴の中にまで入り込んで汚れや余分な皮脂を落としやすいです。

sukihada3

泡立てる際のポイント

泡立て ポイント 手の平 あわ立てネット 細かい泡
https://moteco-web.jp/beauty/35364

泡立てる時にどのようにすれば泡立ちやすくなるのでしょうか?

 

まずは水と洗顔料の比率をチェックしましょう。

洗顔料が多すぎると泡立ちにくくなってしまいます。
逆に水が多すぎても洗顔料が薄くなりすぎるため、泡が緩くなってしまいます。

洗顔料と水の比率は決まっている場合が多いので、決められた比率を守りましょう。

 

また、手のひら全体に洗顔料を広げ、空気を入れるようにして泡立ててください。

洗顔料と空気をかき混ぜるようなイメージで泡立てると泡立ちやすくなります。

 

手のひらで上手く泡立たない場合は洗顔ネットを使うといいでしょう。

洗顔ネットだと手のひらよりも泡立てられます。

 

ただし網目が大きいものだと生じる泡も大きくなってしまいます。

洗顔の泡は毛穴も洗うのを目的としているので、小さい泡じゃないと効果を期待しにくいです。

なので網目の小さい洗顔ネットを使うようにしてくださいね。