化粧水をつけて次は乳液・・・こうやって順番に使っていくのがめんどくさて、

「どうせ肌につけるんだし混ぜてもいいのでは?」

こう考えた事はありませんか?

 

では実際のところ、乳液と化粧水を混ぜるのはアリなのでしょうか?

今回はこの疑問を中心に書いていきますね。

乳液と化粧水を混ぜるのはアリ?

乳液 化粧水 混ぜる
http://www.bibeaute.com/article/40304

同じ肌につけるものですし、基本的に化粧水をつけてから乳液なので連続で使用します。

一見、混ぜて使っても問題ない気がしますよね。

 

しかし使うタイミングが近くても乳液と化粧水を混ぜて使うのはあまりオススメできません。

なので答えは『ナシ』です。

というのも乳液は油分、化粧水は水を中心に構成されているので、混ぜても分離してしまうのです。

 

中には構成が異なって分離しないものもあるかもしれません。

でも混ぜたままにしておく事で成分同士が反応を起こしてしまう場合があります。
肌にとって刺激となる事もあるので混ぜない方がいいでしょう。

 

理由はもう1つあって、乳液と化粧水では使用目的が異なるからです。

どちらも保湿目的なので一緒のように見えますよね。

 

乳液は肌に浸透させた水分を逃さないようにするためのもので、化粧水は水分を角質層に浸透させるためのものです。

同じ保湿でもその仕組みはまったく別物なので、混ぜるのは避けてくださいね。

乳液と化粧水が違うメーカーでも大丈夫?

乳液 化粧水 違うメーカー 大丈夫
http://joshikainews00.doorblog.jp/archives/23250724.html

例えば乳液はA社のだけど化粧水はB社・・・といったように、乳液と化粧水で違うメーカーのものを使っても大丈夫なのでしょうか?
結論からいうと違うメーカーのものでもそこまで問題ではありません。

 

ただ、化粧品メーカーは自社製品の『化粧水→乳液→クリームや美容液』という風に、一連で使った時に最大の効果を得られるように開発しています。

なので効率的にスキンケアを行いたいのであれば同じメーカーで統一した方がいいでしょう。

 

ただし人によっては『乳液はA社だけど化粧水はB社の方が合っている』という事もあります。

化粧品は自分の肌に合っているかどうかが最優先なので、その場合は無理に同じメーカーで統一させる必要はありません。