ニキビってできてしまうとどうしても気になってしまいますよね。

そんなニキビを潰すのはいいのでしょうか?

それともいけないのでしょうか?

 

今回は上記の疑問と併せて潰すとどうなるのか?などについても書いていきますね。

sukihada2

ニキビを潰すのはいい?いけない?

ニキビ 潰す 個人 NG 雑菌
https://nanairo.jp/woman/nikibi/woman_2641/

ニキビの状態などにもよりますが、基本的にニキビを潰すのはよくないといわれています。

 

治療の方法として『面皰圧縮』というものも存在しているので、一概には悪いとはいえません。

ただし個人でニキビを潰すのはあまりオススメできません。

 

病院の場合は専門家による適切な処置が施されます。

しかし個人の場合は専門家ほど知識が豊富ではありませんし、特殊な機械も揃っていません。

そこで指やピンセットなどで行うことになりますが、雑菌が付着して炎症を起こしてしまうおそれがあります。

 

また、深く傷つけてしまったりする可能性もあります。

 

リスクが大きいので個人でニキビを潰すのはあまりオススメできないのです。

sukihada3

ニキビを潰すとどうなるの?

ニキビ 潰す リスク 悪化 炎症 クレーター跡
https://minari-media.jp/articles/327

ニキビを潰したらそのまま綺麗に治ることもあります。

しかし先ほど書いたようなリスクもあります。

 

そこでリスクについて見ていきましょう。

クレーター跡として残る

知識や道具不足の場合、皮膚の奥深くの『真皮』まで傷つけてしまい、クレーター跡として残る場合があります。

真皮が傷ついてしまった場合はターンオーバーが行われません。

 

そのため、そのまま表面に凹みが生じてしまうのです。

炎症が広がる

爪やピンセットなど専門の器具以外で潰した場合は、周りの健康な皮膚まで傷つけてしまう場合がほとんどです。

傷が広がればその分雑菌なども侵入しやすくなります。

 

これが主な要因となってニキビの炎症がかえって広がってしまうおそれがあります。

ニキビが再発しやすくなる

ニキビを潰す際には肌表面に強い刺激を与えています。

それによりそこの角質層は崩れ、バリア機能は大幅に低下してしまいます。

 

また器具や爪などに付着している雑菌が皮膚内部に混入して、後からニキビを発症してしまうおそれもあります。

 

 

このように、ニキビを個人で潰すのはリスクが大きいです。

どうしても気になるのであれば、病院に行って治療してもらうようにしてくださいね。