ニキビはできてしまうと目立つし、何とかして隠したいですよね。

ところがメイクで隠せない、隠しにくいニキビというものもあります。

 

しかし果たして本当にニキビはメイクで隠せないのでしょうか?

今回は隠せない時の隠し方についても併せて書いていきますね。

sukihada2

ニキビはメイクで隠せない?

ニキビ 隠せる メイク コンシーラー
https://hifuka.co/?p=20614

ニキビは症状の軽いものならファンデーションやコンシーラーで問題なく隠せます。

 

では症状の進んでしまったニキビは隠す事ができないのでしょうか?
その答えは『いいえ』です。

実はニキビはどんな状態であっても、ある程度であればメイクで目立たなくできるんです。

 

まずニキビを隠すための準備をしましょう。

綺麗に洗顔をして余分な皮脂や汚れを落としたら、化粧水や美容液などでしっかりと肌の保湿をしましょう。

 

肌の土台作りがしっかりできていなければ、いくらメイクで隠そうとしてもすぐに化粧崩れを起こしたり、綺麗に隠せなかったりします。
なのでベースメイクの段階から手を抜かずにメイクをしていってください。

ベースメイクが終わったらコンシーラーで隠していきましょう。

sukihada3

コンシーラーの選び方

ニキビ 隠す コンシーラー 選び方 スティック
https://ja.aliexpress.com/popular/perfect-concealer-stick-face.html

次にニキビ隠しに使うコンシーラーの選び方です。

コンシーラーといっても練りタイプやスティックタイプ、リキッドタイプなど色々な種類がありますよね。
ニキビを隠す目的ならスティックタイプが向いているといわれています。

しかしこれは好みの問題もあるので、自分が使いやすいタイプのものを選ぶといいでしょう。

 

一番大事なのは色の選び方です。

ニキビにも赤ニキビや黄ニキビなど、種類がってそれぞれ色も異なります。

まずは自分の肌の色よりワントーン低め(暗め)のコンシーラーを選べば失敗しにくいです。
つまり、使っているファンデーションの色よりも一段階暗めの色を選ぶという事ですね。

 

ファンデーションは基本的に首筋の色を基準に選びます。
顔の色で合わせる人も多いですが、大抵の人は顔と首の色に若干の差があるんです。

実は首の方が顔よりも少し暗い色をしています。

ここで顔の色に合わせたファンデーションを使うと、首は暗いのに顔は明るいので白く浮き立って見えてしまう・・・なんて事も。

 

ニキビを隠すのであればこの時に首の色で選んだファンデーションよりも、更に1トーン暗いコンシーラーを使ってくださいね。