脂性肌に悩まされている人は意外と多いものです。

体に影響を与えているものの1つといえば女性ホルモンです。

 

では脂性肌と女性ホルモンに関係性はあるのでしょうか?

今回は女性ホルモンが脂性肌の原因になりえるのかどうかについて書いていきますね。

sukihada2

脂性肌と女性ホルモンに関係性はある?

脂性肌 女性ホルモン 関係性 プロゲステロン エストロゲン
https://arine.jp/articles/21587

女性の体内には2種類のホルモンがあり、それぞれにバランスを取り合っています。

それはプロゲステロン(黄体ホルモン)エストロゲン(卵胞ホルモン)です。

 

プロゲステロンは男性ホルモンに似た働きをしますす。
具体的には皮脂を増やしたり皮膚を硬くするといった作用があります。

この作用があるため、プロゲステロンが増加する事は好ましくありません。

 

もう1つのホルモンであるエストロゲンは『美肌ホルモン』といわれています。
このホルモンには肌の潤いを増やしたりする効果があります。

つまり体内のエストロゲンの分泌量を増やせれば、天然の美肌効果が得られるというわけなんです。

 

これらの点から、脂性肌と女性ホルモンに関係性があるという事が分かります。

sukihada3

エストロゲン(女性ホルモン)を増やすには?

女性ホルモン エストロゲン 増やし方 豆乳製品 イソフラボン
http://01jun.net/dht/testosterone-osaeru-tabemono/

エストロゲンを増やす事は非常に難しいといわれています。

しかし完全に不可能というわけではありません。

 

オススメの方法は大豆製品を摂取する事です。

大豆製品に含まれる大豆イソフラボンという成分には、

  • 活性酸素を抑制する
  • 女性ホルモンのバランスを整える
  • 皮脂の分泌を整える

といった作用があるといわれています。

 

また、美肌ホルモンであるエストロゲンの体内での分泌が少ない時には、大豆イソフラボンがエストロゲンの代わりとなって活躍してくれるんです。

なので大豆製品を積極的に摂っていくようにしましょう。

 

ただし大豆製品を摂取し過ぎると、逆に女性ホルモンのバランスを乱してしまうおそれがあります。

大豆製品の摂取量には注意してくださいね。