クマといえば寝不足の時に目の下が黒くなるもの、というイメージを持っている人が多いでしょう。

でも実は一口にクマといっても原因は様々で、色素沈着が原因のクマもあるんです。

 

ではアトピーによる色素沈着が原因の可能性はあるのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

アトピーによる色素沈着が原因のクマもある?

クマ 原因 アトピー 色素沈着 摩擦 紫外線
http://fbrtv.net/

クマといっても血行不良による青紫色のクマや、目の下の脂肪が影になってクマのように見えることもあります。

では色素沈着によるクマの原因とは何なのでしょうか?

 

そもそも色素沈着とは、皮膚が刺激を受けて『メラノサイト』という色素細胞が過剰にメラニンを生成するために発生するものです。

色素沈着を起こす原因はたくさんあり、例として、

 

メイクを落とす時に擦り過ぎた

紫外線の影響

 

そして、

アトピー性皮膚炎などによる炎症が皮膚へ与える刺激

 

も原因となってしまうのです。

 

なので、目の下のクマがアトピーによる色素沈着が原因という可能性はあり得ます。

bimazyo

色素沈着が原因のクマのケア方法は?

色素沈着が原因のクマ ケア方法 優しく洗顔 皮膚科
https://www.ci-z.com/column/pores/column119.html

色素沈着が原因のクマの場合、どのようなケアをすればいいのでしょうか?

 

まず、アトピー性皮膚炎の人はアトピー性皮膚炎の治療を行ってください。

かかりつけの皮膚科の医師と相談して、皮膚の状態を良くしていくのを目標にしましょう。

 

ではその他のケア方法を見ていきましょう。

ゴシゴシ擦らないようにする

メイク落としの時に強く擦らないようにしましょう。
クレンジング剤を十分につけて、少ない摩擦で優しく落としてください。

 

紫外線対策をする

外出する際は必ず日焼け止めを塗ってください。

また、細かいシワができることによって肌が茶色っぽくくすんで見えてしまうことがあります。
なので日焼け止めを選ぶ時はSPF値だけでなく、シワの原因となるUV-A波をブロックするPA値にも注目しましょう。

 

保湿をする

保湿をして皮膚のバリア機能やターンオーバー機能を正常に保ちましょう。
化粧水や乳液、アイクリームなどでの保湿を心がけてください。

 

それでも改善しないようであれば、病院で相談するのも1つの方法です。

医師と直接話すことで、適切なケアや治療ができるからです。

 

医療機関であれば美白クリームを処方してもらえたり、レーザー治療や光治療も行えます。

どうしても気になるのであれば、医師に相談した方が速やかなクマの改善に繋がる可能性が高まりますよ。