スキンケアとして化粧水パックをしている人もいるでしょう。

肌に潤いを与えてくれそうな化粧水パックですが、やりすぎはよくないのでしょうか?

今回は化粧水パックをやりすぎると悪化するのかどうかについて書いていきますね。

sukihada2

化粧水パックをやりすぎはよくない?

化粧水パック やりすぎ 逆効果 水分を奪う
https://minari-media.jp/articles/27

保湿はスキンケアにおいてとても重要なことの1つです。

なのでパックもたくさんやった方がいいと思うかもしれません。

 

しかし、むやみに保湿ケアをしすぎると逆効果になってしまうんです。

過剰な保湿はかえってバリア機能を低下させてしまうおそれがあるためです。

 

パックを指定時間以上に長くやりすぎると、パックのシートが乾燥します。

それにより肌内部に浸透している水分を奪ってしまう可能性があるんです。

 

またパックを頻繁にし過ぎるのも、化粧水のつけすぎになる可能性があります。

化粧水が肌から蒸発する際に、肌の水分も一緒に蒸発させてしまうことがあるので注意してください。

sukihada3

悪化させないためには?

肌の状態 悪化させない 肌質に合ったケア 化粧水 乳液 クリーム
http://www.skincare-univ.com/article/015488/

悪化させないためには、肌質に合った保湿ケアをする必要があります。

すべての人が同じ肌質ではありません。

そこで肌質別にお手入れの方法を見ていきましょう。

 

《乾燥肌》

乾燥肌の場合は化粧水の重ね付けなどで水分を補うと同時に、乳液やクリームなどで油分補給をしっかりと行う必要があります。

また、内側からも水分補給をしっかりと行うようにしましょう。

乾燥がひどくなるとターンオーバーの乱れから、古い角質が剥がれにくくなることがあります。
マイルドな使い心地のピーリング剤で角質を取ると、保湿成分や美容成分が浸透しやすくなって乾燥を防げます。

 

《脂性肌》

脂性肌は肌がベタついているので乾燥している感じはしませんが、保湿ケアは必要です。

抗酸化作用や抗菌作用のある成分が配合されている化粧水がオススメです。
セラミドなど、肌内部の保湿効果を上げる成分が入っている化粧品なども効果的です。

 

《混合肌》

混合肌は場所によって異なる肌質が存在します。

カサつく部分には保湿クリーム毛穴の目立つオイリーな部分には皮脂コントロールの美容液を付けるなど、その部分に合ったケアをしましょう。

 

《敏感肌》

皮膚のバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすくなっています。

セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を補う保湿ケアが有効です。
そして添加物やアルコールなど、肌にとって刺激となる成分を含まない化粧品を選ぶことも重要です。

 

自分の肌質をよく見極めて、適切な保湿ケアをするようにしてくださいね。