ムダ毛処理ってどうしていますか?

剃ったり抜いたり、除毛クリームを使ったり・・・方法は様々です。

 

そんなムダ毛処理ですが、蒸しタオルを用いてできるのでしょうか?

今回は上記の内容を中心に書いていきますね。

sukihada2

ムダ毛処理は蒸しタオルでできる?

ムダ毛処理 蒸しタオル 毛穴 広がる 毛が柔らかくなる
https://hairhapi.com/articles/o7on90sc

蒸しタオルを用いて直接ムダ毛処理をすることはできません。

しかし、蒸しタオルにはムダ毛処理をサポートする役割があるんです。

 

ムダ毛処理する箇所を蒸しタオルで十分に温めることで肌が柔らかく柔軟になります。

毛穴が開いて毛も柔らかくなるので、カミソリがスムーズに滑ります。

結果、カミソリで肌が傷つきにくくなるんです。

 

肌が傷つくと肌トラブルの原因となるので、蒸しタオルの役割は重要だといえるでしょう。

 

sukihada3

ムダ毛処理の注意点

ムダ毛処理 注意点 保湿ケア
http://www.j-esthe.com/guide/depilation/141202.html

今回は抜く場合の方法を中心に書いていますが、抜く際にも当てはまる点があります。

 

お風呂でムダ毛処理をしているという人も多いのではないでしょうか。

お風呂では肌や毛が柔らかくなるので処理するのに適した場所といえます。

 

でも湿気も多く、雑菌が繁殖するのに最適な環境でもあるので注意が必要です。

お風呂で温まった肌にカミソリの刺激で細かい傷ができると、毛穴の広がりや雑菌の繁殖といったトラブルを起こすおそれがあります。

 

直後には行わず、入浴10分後に処理するのがオススメです。
ムダ毛も肌も適度に柔らかく温まっているので剃りやすくなっています。

 

また、古いカミソリは肌に負担をかけるので、処理の際は新しいカミソリを使用するようにしましょう。

もしもカミソリ負けを起こしてしまったら、塗れタオルで肌を冷やしてから入念な保湿ケアを行います。

 

他にも、体調が良くない時や日焼け後、月経期を含めた生理前あと数日間などは肌が不安定です。
その時にムダ毛処理するのは避けましょう。

そして処理の後は、肌に合ったスキンケア商品で入念にケアするようにしてくださいね。