冬は季節がら乾燥しやすいですし、夏でもエアコンなどで乾燥しやすいですよね。

そうなると唇も乾燥して荒れがちです。

 

唇が荒れや乾燥でカサカサになってしまった時、応急処置は何でできるのでしょうか?

今回は上記の内容を中心に書いていきますね。

唇が荒れたり乾燥する原因は?

唇 荒れ 乾燥 原因 舐める 汚れ 紫外線 刺激
http://www.parci-parla.jp/macaron/blog/details/8246

まずは唇が荒れたり乾燥したりする原因を知りましょう。

 

唇は粘膜の一部です。

角質が薄くて皮脂腺がないため、とても水分が蒸発して乾燥しやすいパーツです。

思っている以上にデリケートな箇所なんです。

 

それを踏まえたうえで原因を見ていきましょう。

唇を舐める

唇が乾燥していると、潤いを与えようとついつい舐めてしまいがちです。

実はこの行為が逆効果なんです。

唇を舐めてしばらくするとまた乾燥していきます。
更に舐めることによって油膜も薄くなっていき、どんどん乾燥してしまうのです。

 

唇の汚れ

食事の後に食べ物が唇に残っているとそれが刺激となって唇が荒れてしまいます。

 

口呼吸

口で呼吸をすると息が直接唇に当たります。

呼吸をする時に息と一緒に水分も含まれています。

舐めている時と同様、唇に水分が付いてどんどん蒸発・乾燥していきます。
その結果、唇が荒れてしまうのです。

 

他にも、

紫外線によるダメージ

水分不足による唇の乾燥

加齢

など、まだまだたくさん原因があります。

唇が荒れたり乾燥している時の応急処置の方法は?

唇 荒れ 乾燥 対策 予防 保湿 リップクリーム ワセリン
http://studyhacker.net/columns/useful-lipbalm

応急処置といっても、その状態よりも悪化しないための方法や予防法がほとんどです。

そこで大事なのは唇にダメージを与えないことです。

ダメージを与えないようにすることで、唇も状態が良くなっていきます。

 

まず、空気が乾燥している時は唇を保湿しましょう。

一番ポピュラーな方法としてリップクリームがあります。

 

よく勘違いされますが、リップクリームのほとんどは『薬用』『医薬部外品』と書かれています。

これは『荒れを防ぐ』のが目的です。

唇が荒れる前に塗ってこそ効果があるので、荒れる前にあらかじめ塗っておく必要があります。

 

唇が荒れてしまったら、唇の荒れに効果のある『第3類医薬品』のリップクリームを使ってください。

唇のシワに沿って縦方向に塗ると効果的です。

 

なお塗りすぎはNGです。

多くても1日に5~6回にし、それ以上は塗らないようにしましょう。

昼間はUVケアのリップクリーム、夜は普通のリップクリームかワセリンを塗ります。

 

また日頃から清潔を心がけましょう。

汚れたら洗う、ウェットティッシュや柔らかい布で拭くなどします。

摩擦は大敵なので優しくしてください。

洗った後は保湿を忘れないようにしましょう。

 

他にも、

呼吸法に気を付ける

外出時にはUV効果のあるリップクリームで紫外線対策をする

なども効果的ですよ。