BBクリームには乳液をはじめ、複数の役割を兼ね備えています。

 

乳液が含まれているのなら、乳液はいらないのでしょうか?

また、混ぜるとどうなるのでしょうか?

 

今回は上記の内容について書いていきますね。

sukihada2

BBクリームに乳液は必要?いらない?

BBクリーム 乳液 必要 保湿
https://fril.jp/brand/443/category/430

結論からいうと、BBクリームを使っていても乳液は使った方がいいです。

 

日本人の肌は角質層が薄くてキメが細かい分、乾燥しやすい傾向にあります。

そのため化粧水などで肌に水分を与えてからBBクリームを使用している人が多いです。

 

しかし化粧水だけで肌に潤いは保てません。

化粧水の役割は肌に水分を与えることですが、それだけでは潤いはすぐに逃げていってしまいます。

肌に与えた水分に膜を作って、ラップ効果で潤いを閉じ込めてくれるのが乳液なんです。

 

もちろんBBクリームにも油分はあるので潤いを閉じ込める効果はあります。

でもその役割に特化した乳液には敵いません。

 

乳液を使った方がより効果的にBBクリームを使えるのです。

sukihada3

BBクリームに乳液を混ぜて使える?

BBクリーム 乳液 混ぜる メリット 時間短縮 伸び フィット感
http://penguin.pecori.jp/?p=2525

乳液はBBクリームを塗る前に使用するだけでなく、BBクリームと混ぜて使うこともできます。

むしろ混ぜた方がいいという話もあります。

では混ぜて使うとどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

伸びが良い

BBクリームと乳液を混ぜるとBBクリームがより滑らかになって伸びが良くなります。
そのため伸ばした時にムラや伸ばし残しなどがなくなり、サッと均一に塗り広げられます。

乳液に近いテクスチャーになるので、サッと塗れます。

 

フィット感

BBクリームがより軽く滑らかになるということは、つまり簡単に毛穴に入り込んでカバーしてくれるということです。
サッと塗るだけで隅々の毛穴までカバーし、乳液のしっとり感で肌にフィットしてくれます。

なので薄く塗っただけでもナチュラルメイクができるんです。

ちなみにBBクリームの上にパウダーファンデーションや仕上げパウダーを乗せても、乳液の油分でしっかりとフィットしてヨレません。

 

時間短縮ができる

BBクリームの前に化粧水に乳液まで塗っていては、BBクリームの利点である『メイクの手間と時間がかからない』というのがなくなってしまいます。
そこで、BBクリームと乳液を混ぜると時間短縮できます。

どちらも同じ油分がメインの化粧品なので、混ぜてもなじみが良いんです。

一度に乳液とメイクを済ませることができます。

 

このように、BBクリームと乳液を混ぜるとメリットがたくさんあるのです。