疲れていたり老けたような印象を持たれる目の下のクマ、何とかしたいものですよね。

目の下のクマですが、生まれつきある人もいます。

 

そんな遺伝によるクマの場合、治し方や対策はあるのでしょうか?

今回は上記の内容を中心に書いていきますね。

sukihada2

遺伝とクマの関係

遺伝 クマ 関係性 皮膚の薄さ 目輪筋
http://www.j-esthe.com/guide/skincare/151007.html

まず、遺伝とクマの関係について書いていきますね。

クマは遺伝の要素も強いと考えられています。

特に青クマは目の下の皮膚が薄い人ほどはっきりと現れやすいです。
そのため、皮膚の薄さが遺伝した場合は他の人よりもクマとして表れやすくなるのです。

 

また、クマは血行不良によってもできます。

この血行不良は目輪筋がきちんと働いていないことも理由の1つです。

遺伝によって目輪筋が上手く働かない場合があり、それによって生まれつき目の下にクマができてしまいます。

sukihada3

治し方や対策は?

クマ 対処法 目元 マッサージ
http://hilary-d.org/

ではどのような対策をすればいいのでしょうか?

主に血行が良くなるような対策をすることになります。

では見ていきましょう。

 

血行を促進させるマッサージ

遺伝によるクマは青いクマが多いというのは先ほども書きました。
青いクマには血行を促進させるマッサージが効果的です。

両手の薬指にクリームを乗せて目頭辺り~こめかみ部分まで、そしてまぶた~外側にかけてマッサージをしてみます。

無理して皮膚を引っ張ったり擦らないようにしましょう。

 

定期的に体をほぐす

決まった姿勢で長時間過ごすことが多い場合は、途中で意識して休憩を取りましょう。
その際に伸びなどのストレッチを行うといいですよ。

できれば体全体を意識したストレッチをしてください。

 

目を適度に休ませる

1時間作業をしたら目を5分間休めたり、適度に目薬を使ったりして目を労わるようにします。

そんなに休憩の時間が取れないという人は2~3秒間目を閉じ、その後軽く何回か瞬きしましょう。
これを何セットか繰り返すだけでも目を休められます。

 

体を温める

季節に関係なく、体を冷やさないように常に温めるようにしましょう。
夏でも冷房が効いている場所に行く時などは、上着やひざかけを羽織ったり温かいものを飲むなどしてください。

お風呂もなるべくシャワーではなく湯船に浸かるようにします。

 

他にも鉄分を摂るなど、様々な対策方法があります。

目立たなくなるまではメイクなどで隠しつつ、上記の対策を試してください。

それでも気になるようであれば皮膚科などで相談してみてくださいね。