洗顔フォームを使っている人は多いと思います。

そんな洗顔フォームって当然ですが肌につけるものですよね。

 

洗顔フォームに悪い成分が含まれている可能性はあるのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

洗顔フォームには悪い成分が含まれている?

洗顔フォーム 悪い成分 合成界面活性剤
http://hadalove.jp/facial-form-recommendation-136051

結論からいうと、とある成分が肌に悪影響を与える可能性があります。

それは『合成界面活性剤』です。

全ての合成界面活性剤が肌に悪いわけではありませんが、安い洗顔フォームに使われているものは注意した方がいいです。

 

何故肌に悪いのかというと、肌のバリア機能の役割をしている皮脂膜から、潤い成分である天然保湿成分やセラミドといった肌の細胞にダメージを与えるからです。

その結果、肌を乾燥させてしまうのです。

 

「この洗顔フォームは使っても肌が潤ってるから大丈夫」と思う人もいるかもしれません。

しかしそれも誤魔化されているだけなのかもしれないのです。

 

というのも、洗顔フォームには人口の保湿成分が含まれていることが多いため、洗顔直後は肌がしっとりしている場合が多いのです。
実際は傷ついた肌に人工の保湿成分が一時的に肌を誤魔化しているだけです。

なので実は肌は乾燥している・・・なんてことも。

 

なお合成界面活性剤は洗剤にも使われているくらい強力な成分なので、肌の負担になっていても不思議ではありません。

bimazyo

洗顔フォームを使わない方がいい?

洗顔 オススメ 無添加石鹸
https://aeru.town/article/455

中には強力な合成界面活性剤を使っていない、肌に優しい洗顔フォームもあります。

なので一概には『使わない方がいい』とはいえません。

 

しかし見極めるのはなかなか難しいので不安なら使わない方がいいでしょう。

洗顔の目的は『汚れを落としてターンオーバーを正常に働かせること』です。
つまり汚れが落とせればいいのです。

 

そこでオススメなのが無添加石鹸です。

石鹸は合成界面活性剤といった科学物質による洗浄ではなく、天然成分によって汚れや不要な皮脂、古い角質だけを落としてくれます。
なので肌トラブルの少ない肌を作ってくれるのです。

無添加なら特定の化学物質を一切含んでいないので更に安全に洗顔できますよ。