スキンケアは肌を若々しく保つために欠かせないものですよね。

しかしスキンケアの一つである乳液を使うと顔や肌が赤くなる事があります。

 

赤くなってしまう原因は何なのでしょうか?

今回は乳液で赤くなってしまう原因と対策について書いていきますね。

sukihada2

乳液で顔や肌が赤くなる原因は?

乳液 顔 肌 赤くなる 原因
http://agingcare-cleansing.net/beauty_navi/sengan_akami_ensyou/

化粧水の後に乳液を使っている人もいると思います。

しかし乳液を使った後、顔が赤くなってしまった経験はありませんか?

 

乳液は化粧水の後に水分や保湿成分が肌から蒸発しないようにフタをしてくれているイメージがあるかと思います。

しかし肌の水分は乳液でフタをしても隙間から蒸発していくのです。
乳液を使っているにも関わらず乾燥しているのであれば、それは水分が肌に留まっていないためです。

 

水分が蒸発した肌には乳液の油分だけが残ってベタベタします。

油分が多い状態だと顔の皮膚に存在している常在菌が繁殖し、皮膚に刺激を与えます。
その刺激が痒みや赤みを引き起こしてしまうのです。

sukihada3

対策はあるの?

乳液 赤くなる 対策 セラミド 美容液
http://www.carmenlagriega.com/

皮膚はいくら水分と油分を与えても一時的にしか潤いません。

皮膚に水分を留める力がなければいくら潤いを与えても意味がないのです。

 

例えば床に水や油をかけても蒸発したりそのまま流れてしまいますよね。
でもスポンジをたくさん置くとこぼれる水や油の量は減ります。

つまり肌の中にもスポンジのような役割のものが必要なのです。

 

そこで水分を蓄えてくれる成分であるセラミドがオススメです。

セラミドが配合された美容液は、肌の水分保持力をサポートして潤いのある肌を作ってくれます。

 

乳液で赤くなる人はセラミドを取り入れてみてくださいね。