シミってできると嫌ですよね・・・。

顔に突然できるシミって何が原因なのでしょうか?

 

今回はシミの種類と原因、対策や予防について書いていきますね。

sukihada2

シミには種類がある!?

シミ 悩む
http://health-good.jp/siryoku-simi-siwa/

シミとは皮膚内で作られるメラニン色素が沈着したものです。

実は顔にできるシミには種類があり、原因も異なります。

 

ではもう少し詳しく見ていきましょう。

老人性素斑(日光黒子)

その名の通り、最も多いタイプのシミで、色は淡褐色~濃褐色です。
でき始めは薄い茶色ですが、だんだん濃くはっきりとしてきます。

場所は頬骨の高い位置からでき始める事が多いです。

 

ちなみに特徴は左右対称ではない事です。

原因は紫外線の影響や加齢によるもの。

ある日突然できたように感じますが、実は小さい頃から蓄積された紫外線の影響が肌の表面に現れてきたものなんです。

 

肝斑(かんぱん)

やや大きく、目の下や頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴です。
しかしまれに額や鼻の下に表れる場合もあります。

色は淡褐色~褐色、灰色など様々です。

 

原因は女性ホルモンの乱れです。
そのため妊娠中や更年期、経口避妊薬(ピル)を服用している人に多く見られますが、高齢者にはほとんど見られないシミです。

 

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

淡褐色~褐色で青っぽく見える事もあるシミです。

 

原因は火傷やニキビ、かぶれや傷による炎症がおさまった後の色素沈着によってできます。
消えない虫刺され跡、ムダ毛処理などによってできる跡もこのタイプです。

 

炎症がおさまると次第に消えていく事が多いのですが、紫外線を浴びるとそのまま残ってしまう場合があります。

 

雀卵斑(じゃくらんはん・そばかす)

その名の通り、雀の卵の殻の柄に似たシミです。
茶褐色の細かい色素斑で、頬や鼻を中心に広範囲にわたってできます。

特に思春期頃に目立ちはじめ、紫外線などの外的影響で広範囲に広がったり濃くなったりします。

 

遺伝的な要素が大きいといわれており、特に白人に多く見られます。
しかし日本人でも色白の人に比較的多いようです。

sukihada3

対策や予防法は?

シミ 対策
http://happy-life-info.com/1722.html

そばかすは遺伝的な要素が強いので完全に消す事は難しいようです。

しかし思春期を過ぎてから紫外線の影響で濃くなったものは美白化粧品などで薄くできます。

 

おすすめは馬油です。
特に美白成分が含まれているというわけではありませんが、馬油は肌への浸透率が高く、血行促進や肌のターンオーバーを促進する効果があるそうです。

 

完全に消すまではいきませんが、ターンオーバーを促進する事で
どのタイプのシミに対しても効果が期待できそうです。

 

できる前の対策としては、

・日傘、つばの広い帽子、サングラス、日焼け止めなどで紫外線カットを心がける

・乾燥すると紫外線の影響を受けやすいので、優しく洗顔した後にすぐに保湿する

予防型の美白成分配合の美容液を使う

・シミ予防に効果的なビタミンC、ビタミンE、β-カロテンを意識して摂るようにする

ストレスのない生活を心がける

タバコはやめる

 

などがあります。