クレンジングジェルはみずみずしい感触でさっぱりとした使い心地なのが特徴です。

実際にクレンジングジェルを使っているという人もいるでしょう。

 

そんなクレンジングジェルのデメリットとメリットとはどのようなものなのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

sukihada2

クレンジングジェルのデメリット

クレンジングジェル デメリット 洗浄力 肌への負担
http://favor.life/13855

クレンジングジェルは、

  • オイルをジェル状にした油性タイプ
  • オイルをジェル上にした水性タイプ
  • 水性タイプ(オイルフリー)
  • 水性タイプ(オイルイン)

に分かれています。

色々な種類がありますが、基本的にジェルタイプのクレンジング剤はオイルタイプに比べて洗浄力がありません。

 

水性タイプのクレンジングジェルは洗浄力が弱いので、落ちているのか不安になるかもしれません。
そこでつい肌を擦って肌へ負担をかけてしまう事も。

また油性タイプは洗浄力がある分、肌の負担が大きくなってしまいます。

 

このように、クレンジングジェルは油性・水性ともに一長一短なのです。

sukihada3

クレンジングジェルのメリット

クレンジングジェル メリット 水に馴染みやすい 濡れた手で使える
https://www.cosme.com/products/detail.php?product_id=92304

しかしクレンジングジェルにもメリットはあります。

どのタイプのクレンジングジェルであっても、メイクにも水にも馴染みやすいです。
濡れた手でも使えるので、お風呂に入った時にメイクを落としたいといった人にも便利です。

 

油性タイプはオイルが主成分なのでメイクも落ちやすいため、

  • しっかりメイクの人
  • ウォータープルーフの人

にオススメです。

 

水性タイプは洗浄力は油性タイプに劣るものの、擦り過ぎない限りは肌への負担が少なくて済みます。

また、水性タイプでもオイルインのものは油分が含まれている割にさっぱりとした洗い上がりになります。
優しい使い心地とメイク落ちのバランスが良いので人気があります。

 

このようにクレンジングジェルは、使い方次第ではデメリット以上のメリットがあります。

種類も豊富なので、自分に合ったものを見つけて使ってみてくださいね。