『ニキビにマキロンを塗ると良い』という話を聞いた事はありませんか?

消毒薬であるマキロンで、ニキビのアクネ菌を殺菌できるからというのがその理由のようです。

 

ニキビにマキロンを塗る場合、どのうらいの頻度で塗ればいいのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

sukihada2

ニキビにマキロンを塗る頻度

ニキビ マキロン 塗る頻度 1回
https://nikibi-zero.jp/archives/1762

ニキビの原因はアクネ菌です。
マキロンは消毒薬なので殺菌作用のある成分がいくつも含まれています。

アクネ菌にも効果が期待できる成分も含まれています。

 

そんなマキロンは特に炎症が始まってすぐ、初期の赤ニキビに効果があるという声があります。

方法は綿棒にマキロンを含ませ、赤いニキビにピンポイントで塗るだけです。

 

注意点ですが、塗る頻度は1回だけにしてください。

本来は顔の傷に消毒薬を塗るのはNGなので、頻繁に塗るのは避けましょう。

また、効能・効果を見てもニキビに対して効果があるとは書かれていません。

 

マキロンを塗った後、

  • その刺激にニキビが耐えられない
  • マキロンを塗った場所が赤くなる

このような場合はすぐにマキロンでの治療をやめましょう。

sukihada3

マキロンでのニキビ消毒は慎重に

ニキビ マキロン 常在菌 乾燥 バリア機能の低下
http://hikariwamoto.wp.xdomain.jp/terakohtoriru-effect

ニキビをマキロンで消毒すると効果が現れたという人がいる一方、効果がなかったり悪化したという人もいます。

特に、ニキビにマキロンを塗ったまま長時間放置すると悪化する可能性があるようです。

 

長時間肌の上にマキロンを置くと、殺菌作用で皮膚の常在菌までも殺してしまいます。

その結果ニキビが悪化したりニキビが増えてしまう事があります。

 

またマキロンにはエタノールが含まれていますが、これは揮発性の高い成分です。

揮発とともに水分も奪われてしまうため肌が乾燥し、バリア機能も低下してニキビへと結びつく場合もあるのです。

 

顔は特に皮膚がデリケートなので、マキロンを使う際は慎重に使うようにしてくださいね。