スキンケアは怠ってないのにニキビができてしまう事があります。

 

ニキビの原因には色々ありますが、布団は関係あるのでしょうか?

また布団といえば気になるのがダニですが、ダニのせいなのでしょうか?

 

今回は上記の内容について書いていきますね。

sukihada2

ニキビの原因は布団やダニが関係している?

ニキビ 布団 ダニ 関係性 刺激
https://www.nitori-net.jp/

布団はダニの温床とよく言われます。

見た目は綺麗な布団でも、なんと10万~数100万匹ものダニがいるそうです。

 

布団に一番多く生息するのが『チリダニ(ヒョウヒダニ)』というダニです。

このダニは埃や人間のフケ、垢などをエサにし、高温多湿の環境で増殖します。

布団はチリダニにとって居心地の良い環境といえますね。

 

ダニがニキビにどう関係しているのかというと、ダニのフンや死骸が肌に刺激を与えます。

これらの刺激がニキビの原因となってしまうのです。

sukihada3

寝具を清潔に保つには?

ニキビ 布団 枕 清潔に保つ方法
https://www.cecile.co.jp/genre/g3-1-IN-BS-2D/article115/

まずは顔に一番触れる枕を清潔に保つための方法を見ていきましょう。

 

枕を清潔に保つためには以下の方法があります。

タオルを敷いて小まめに洗う

枕カバーを付けて小まめに洗う

枕自体を洗ってしまう

 

上から順番に手軽にできる方法です。

 

いずれも効果が高いのですが、毎日枕を洗うのは難しいですよね。

タオルを敷いて3日に1回交換するだけでもニキビができにくくなります。

 

次に布団を清潔に保つための方法ですが、ダニは洗濯機でも天日干しでも死滅しません。

ダニは65℃以上、または50℃以上で20分温めると死滅するといわれています。

 

そこで有効なのが、

クリーニング

コインランドリーの乾燥機

布団乾燥機

 

です。

これらを利用して定期的に清潔にしましょう。

 

なお、布団や枕のカバーの素材にも気をつけてください。

裏起毛は暖かいので寒い季節に使う人も多いですが、ものによっては繊維が硬いものがあります。

硬い繊維が肌にダメージを与えてしまうので避けてくださいね。