スキンケアを頑張っているのにニキビができてしまう・・・。

そんな経験はありませんか?

 

それは食べ物が原因かもしれません。

今回はニキビに悪い食べ物や避けるべき食べ物についてを中心に書いていきますね。

ニキビに悪い食べ物とは?

ニキビに悪い食べ物 スナック菓子 ケーキ バター クリーム コーヒー
https://entabe.jp/news/gourmet/10104/koikeya-potatochips-strawberry-shortcake-flavor

ニキビにとって悪影響となる食べ物は残念ながら存在します。

ではニキビを悪化させないために避けた方がいい食べ物を見ていきましょう。

糖分や脂肪分が多い食べ物

スナック菓子やケーキといったお菓子類、バターやクリームの摂取は避けた方がいいです。

これらの食べ物には糖分や脂肪分が多いです。

糖分や脂肪分の多いものを食べ過ぎると皮脂の分泌が増加するため、ニキビが悪化するおそれがあります。

刺激のある飲み物

食べ物だけでなく飲み物にも注意が必要です。

眠気覚ましにコーヒーといわれるように、コーヒーを飲むと眠気を吹き飛ばす作用があります。

 

そんなコーヒーを遅い時間に飲んだり、飲み過ぎるとどうなるでしょうか?

寝つきが悪くなったり、生活リズムが狂ってしまいます。

これがニキビが悪化する原因となります。

 

更にコーヒーには、皮脂の分泌を調整するビタミンやミネラルを体外に排出させる作用があります。

そのため、皮脂の分泌が増えてしまうおそれもあるんです。

 

それ以外にも、胃腸の調子が悪くてニキビができている場合は、内臓にも負担がかかってしまうので注意が必要です。

 

他には糖分が多く、皮脂腺を刺激するアルコールも避けた方がいいです。

bimazyo

積極的に摂った方がいい食べ物

ニキビ 摂取したい食べ物 ビタミンB2 ビタミンB6 卵 魚類 大豆 チーズ
http://twtukuru.com/334/

逆にニキビにとって嬉しい成分が含まれた食べ物は積極的に摂っていきましょう。

積極的に摂った方がいい食べ物とは『ビタミン・ミネラルを多く含む食べ物』です。

 

特にビタミンB群の中でもビタミンB2とB6は、ニキビの原因となる脂質の代謝を促して皮脂の分泌を抑制する作用があります。

含んでいる食べ物の中では特に、

 

魚類

大豆

チーズ

などがオススメです。

 

抗酸化作用やコラーゲンの生成を促進するビタミンCと一緒に摂ると、更に効果はアップします。

ビタミンCはいちごやレモンといった果物類や、緑黄色野菜に豊富に含まれています。

 

そしてニキビを治すのに大切なミネラルが、肌の新陳代謝を活発にする亜鉛です。

こちらもビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップします。

 

ニキビをケアしたいのであれば、これらの点を意識して食事をするようにしてくださいね。