化粧水とクリームの保存ってどうしていますか?

特に夏は、冷たい化粧水を肌につけると毛穴が引き締まってスッキリするので冷蔵庫で保存しているという方も多いと思います。

 

果たして化粧水とクリームは冷蔵庫で保存するのが良いのでしょうか?

それとも悪いのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

sukihada2

化粧水は冷蔵庫で保存するのが良い?

化粧水 冷蔵庫 保存 NG 結晶化
https://tomothai.net/

結論からいうと、化粧水を冷蔵庫で保存するのはNGです。

食べ物のように、冷蔵庫の中で保存した方が長持ちしそうなイメージがあります。

 

しかし化粧水は食べ物とは違い、液体の中に様々な美容成分が混ざり合っています。

急激に冷蔵庫で冷やすことにより、その中の成分の一部が結晶化されてしまうんです。

 

実際、冷蔵庫で保存していた化粧水は薄く濁ってしまうことがあります。

これは結晶化されたためです。

 

結晶化してしまった化粧水を肌につけると肌を傷つけるおそれがあります。

更に一部の成分は結晶化されているので、有効成分が肌に浸透しません。

そのため効果が薄くなってしまいます。

 

特にビタミンC配合のものは温度変化によって結晶化しやすくなるので、冷蔵庫は避けた方がいいでしょう。

 

なお常温で放置しておけば結晶は溶けますが、結晶化が何度も繰り返されると品質の劣化が早まってしまいます。

sukihada3

クリームは冷蔵庫で保存するのが良い?

クリーム 冷蔵庫 保存 NG 分離
https://rebihada.jp/biyoucream

クリームも化粧水と同様に冷蔵庫はNGです。

クリーム類は冷蔵庫に入れると分離してしまうおそれがあります。

 

そもそもクリームは水分と油分の両方を含んでいるのですが、このタイプの化粧品は『乳化』している状態です。

通常では混ざることのない水と油が攪拌によって混ざっています。

 

一見きちんと混ざり合っているように見えますよね。

でも実は油が水の中に・・・といったように、一方が他の液体の中に微粒子状となって分散しているだけなんです。

この状態は時間と共に、分離している元の状態に戻ってしまいます。

 

クリームの中の水分と油分の分離は時間の経過と共に確実に起こっています。

しかし温度の変化によって、その速度が速まってしまうのです。

 

なので冷蔵庫で保存はNGなのです。

ではどこで保存すればいい?

化粧水 クリーム 保管場所 常温
http://aequusboats.com

冷蔵庫がNGとなるとどこで保存すればいいのでしょうか?

よくパッケージには『直射日光の当たらない所で~』とか『高温多湿を避け、常温で~』といった注意書きがしてあります。

 

つまり、

窓際など、直射日光が当たりやすい場所

ストーブなどの暖房器具の近く

お風呂場など、湿度の高い場所

車の中など、外気の気温に左右されやすい場所

 

などは避けた方がいいです。

 

ところで常温とは具体的にはどのくらいの温度なのでしょうか?

 

JIS(日本工業規格)では5~35℃を常温と規定しています。

つまりこの範囲であれば品質に問題なく保存できるというわけなんですね。