お肌のために化粧水をつけている人は多いものです。

しかし本当に化粧水は必要なものなのでしょうか?

 

化粧水をつけないメイクの仕方はアリなのでしょうか?

それともナシなのでしょうか?

今回は化粧水の必要性について書いていきますね。

sukihada2

化粧水は必要?必要なし?

化粧水 必要性 バリア機能の低下 乾燥肌 敏感肌
https://eijingukea.nahls.co.jp/seibun/b/guriserin/

化粧水は肌の保湿をし、滑らかにする役割があります。

しかしヨーロッパなどの海外では日本人ほど化粧水を使用していないようです。

例えば日本人がよく行っている『化粧水を洗顔後につける』というのは、海外ではあまり主流ではありません。

 

化粧水はほとんどが水でできています。
そのため肌に浸透する美容成分は多くが蒸発してしまいます。

その際に肌に必要な水分までも蒸発してしまい、肌を守ってくれるバリア機能までも弱まってしまう可能性があるのです。

 

健康な肌なら化粧水をつけないことによって、肌本来のバリア機能や保湿力を取り戻せます。

なのでその場合は化粧水をつけない方がいいかもしれません。

 

ただし乾燥肌敏感肌の人は化粧水をつけた方が潤いが保たれる場合があります。

sukihada3

化粧水をつけない美容法

化粧水 使わない 美容法 肌断食
https://hadalove.jp/no-skin-care-5656

実は化粧水をつけない美容法というものが存在します。

 

1つ目は先ほども少し触れていますが、肌本来のバリア機能や保湿力を取り戻す方法です。

 

『肌断食』といわれ、洗顔後に化粧水も含めて何もつけないというものです。

肌の潤いが元からあって、乾燥やニキビなどない健康的な肌の人に向いています。

 

逆に肌トラブルのある人が急にこの方法を試すと、肌荒れが更に悪化してしまうおそれがあります。

これは今まで化粧水に頼っていたため、肌本来の自然治癒力や保湿力が弱まっているからです。

肌トラブルのある人は注意が必要です。

 

もう1つは化粧水の代わりにクリームなどをつける方法です。

化粧水ではなく、

  • 美容液
  • オイル
  • 馬油
  • クリーム

などで保湿します。

洗顔後のまだ水分を含んでいる肌に油分でフタをし、水分を蒸発させないようにするというわけなんですね。

 

自分の肌質を見極めて化粧水をつけるか、もしくはつけない美容法を行うか決めるといいでしょう。