できると気になってしまうニキビ。

ニキビといっても様々な種類がありますよね。

 

ニキビの原因は種類によって違うのでしょうか?

今回は原因と治し方や対策について書いていきますね。

ニキビの原因は種類によって違う?

ニキビ 種類 原因 白ニキビ 黒ニキビ 赤ニキビ 黄ニキビ
http://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_E1462866957150/

ニキビといっても白ニキビや赤ニキビなど、種類がありますよね。

実は種類によって原因は異なるんです。

ではもう少し詳しく見ていきましょう。

 

《白ニキビ》

白に機微はニキビの初期段階の1つです。
肌の毛穴からは常に皮脂が分泌されています。

正しいスキンケアをしないと皮脂がスムーズに排出できなくなってしまいます。
皮脂は排出されないと毛穴の中で塊になってしまいます。

そのまま放置すると毛穴を中心に盛り上がったようになって白ニキビになるのです。

 

《黒ニキビ》

黒ニキビの原因は2つあります。

1つは汚れやメイクをきちんと落としきれていない事です。
もう1つは肌の新陳代謝機能が低下して、古い角質が肌に残りやすくなっているという事です。

 

《赤ニキビ》

赤ニキビは白ニキビや黒ニキビが悪化することで起こります。
毛穴に詰まっている皮脂にアクネ菌が増殖することで毛穴やその周辺に炎症を起こすのが原因です。

 

《黄ニキビ》

肌には肌の健康を保つために常在菌と呼ばれる様々な菌が存在しています。
ニキビの原因といわれるアクネ菌やブドウ球菌もその一種です。

赤ニキビが更に悪化するとこれらの菌が増殖して毛穴の中で化膿するのが原因です。

bimazyo

治し方や対策は?

ニキビ 治し方 対策 洗顔 クレンジング
http://eijikoubou.com/post-267/

ではそれぞれのニキビで、どのような治し方や対策があるのでしょうか?

《白ニキビ》

白ニキビの段階で治せれば跡の残りやすいニキビになるのを防げます。
皮膚科で皮脂の塊を出してもらうといいでしょう。

できないようにするには、肌にあった洗顔料を使ったりきちんとクレンジングするようにしましょう。
特にウォータープルーフタイプのファンデーションや、SPF値の高いUVカットなどは毛穴に詰まりやすいので注意が必要です。

 

《黒ニキビ》

黒ニキビは目につきやすいため、ついつい指で押し出してしまいがちです。
そして上手く押し出せないからといって力を入れすぎてしまい、皮膚の組織を壊してしまったり炎症を起こすおそれがあります。

はがすタイプのもので無理やり角栓を取り除くのも、肌を傷めてしまいます。

なので古い角質や毛穴の汚れを優しく取り除いてくれる化粧品などでケアするようにしましょう。

 

《赤ニキビ》

赤ニキビになったら市販薬や化粧品だけで治すのは難しいです。
皮膚科の診察を受けるようにしてください。

そして普段から睡眠不足や間違ったスキンケア、偏った食事やストレスなど、ニキビを悪化させてしまっている原因を取り除くようにしましょう。

 

《黄ニキビ》

ニキビの最終段階ともいえるこの状態は、肌の組織を傷つけてしまいます。
ここで適切なニキビケアを行わないとクレーター状のニキビ跡になってしまうおそれもあるので注意しましょう。

必ず皮膚科の診察を受けてください。
そして肌に優しい洗顔料を使って洗顔し、十分な水分補給をします。

またバランスのとれた食事を摂るなどして新しいニキビができないようにしましょう。