ニキビが悪化すると炎症を起こしてきます。

その際、どのようにして治せばいいのでしょうか?

 

炎症をいえば抗生物質ですが、ニキビの炎症も治るのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

ニキビの炎症は抗生物質で治る?

ニキビ 治療 抗生物質 リンコマイシン系
https://nikibi-care-ranking.com/dalacin-t/

ニキビといえば皮膚科での治療が一般的です。

中にはニキビ治療に力を入れている病院もありますが、それは一部です。
ニキビ治療に力を入れてない普通の皮膚科では、抗生物質による治療は最も一般的な治療法として扱われています。

皮膚科によっては『とりあえず抗生物質が第一選択』といった所もあります。

 

ニキビに適応される抗生物質としては、

リンコマイシン系抗生物質のクリンダマイシン

ニューキノロン系抗生物質のナジフロキサシン

などが挙げられます。

 

効果はどちらも期待でき、効果自体はリンコマイシン系の方が強いです。

ただしその分副作用も出やすいのでどちらも一長一短という感じです。

bimazyo

抗生物質によるニキビ治療の問題点

ニキビ 抗生物質 注意点 炎症ニキビのみ
http://大人ニキビ治したい.com/

先ほども書いた副作用のように、抗生物質によるニキビ治療には問題点があります。

ではその問題点を見ていきましょう。

 

《炎症を起こしていないニキビには無意味》

抗生物質にはニキビを治療する効果があるわけではなく、細菌類を殺傷する力があるだけです。

そのため、抗生物質が効果的なのは炎症を起こして腫れ上がっているニキビだけです。

 

《アクネ菌を一掃すればいいというわけではない》

すべてのアクネ菌がニキビの原因になるわけではありません。
あくまでもアクネ菌の『一部』が悪玉菌としてニキビの悪化に関係しているだけなんです。

善玉菌が優位の状態を保つ事が重要です。

すべての細菌を根絶やしにしてしまう抗生物質は、炎症が治まった後の皮膚環境を考えると決してプラスとはいえません。

 

治したいニキビが本当に抗生物質で治せるものなのか、見極める事が重要ですね。