ハンドクリームってジェルタイプのものもありますよね?
ハンドクリームとジェルタイプのものって何が違うのでしょうか?

今回はハンドクリームとジェルタイプのそれぞれの特徴について書いていきたいと思います。

sukihada2

ハンドクリームの特徴とは?

ハンドクリーム
http://healthil.jp/24046

まずはハンドクリームの特徴から書いていきますね。

※ハンドクリームの名前の通り、一般的に多いのはクリーム状のものなのでここからは便宜上『クリームタイプ』と表現します。

 

クリームタイプは肌から逃げる水分をそこに留めてくれる作用があります
これがいわゆる保湿効果です。

乾燥肌の人なら間違いなく効果を発揮してくれるでしょう。

 

保湿力やしっとり感には満足できる一方、クリームタイプにはデメリットもあります
塗った後にベタついた感じになるので作業の合間に塗ったりすると気になったりします。

また、肌から出ていこうとする水分と一緒に油分までも留めてしまいます。
その結果、肌本来がもつ余分な油分を排出する機能を阻害してしまうのです

 

油分が排出されずに酸化すると『過酸化脂質』になってしまいます。
過酸化脂質は色素沈着を起こし、シミ・黒ずみ・ニキビの原因になりやすいです。

肌の保湿=油分ではないので、そこは勘違いしないようにしてくださいね。

sukihada3

ジェルタイプの特徴とは?

ジェル
http://topicks.jp/61883

ジェルタイプの特徴は何といってもその水分量です。

クリームタイプは油分を多く含んでいるのに対し、ジェルタイプは油分量が少なく水分を多く含んだ構成となっています。

 

乾燥が進んでいくにつれ、水分量の多さが重要になっていきます。

油分量が多い方が保湿できると思いがちですが、油分を多く含んだものは即効性はありますが、表面的な効果しかないのです

 

ジェルタイプは仕上がりもサラッとしているので使い心地がいいのも特徴です。

しかし元々水分が多く含まれているため、時間が経つと乾燥しやすいです。
塗ってもベタつかないので違和感なく使えるでしょう。