ニキビに膿が溜まってしまうことってありますよね。

何とかして早く治したいものです。

 

そんなニキビの膿に、ゲンタシンは効果的なのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

sukihada2

ニキビの膿にゲンタシンは効果的?

ニキビ 膿 ゲンタシン 効果的 赤ニキビ 炎症
https://www.kusurinomadoguchi.com/column/articles/WWlHx

ゲンタシンは抗菌作用のある外用薬です。

ブドウ球菌や緑膿菌、大腸菌など様々な細菌がタンパク質を合成するのを妨害し、菌の増殖を抑える作用があります。

 

そんなゲンタシンは、化膿しているニキビや炎症を起こしている赤ニキビに効果を発揮します。

赤ニキビとは白ニキビや黒ニキビが炎症を起こして赤くなってしまった状態です。

 

炎症が出てきているので、皮膚科に行って抗生物質の塗り薬で化膿を止めるゲンタシンなどを処方してもらいましょう。

それでも長期間治らない場合は内服薬やホルモン療法も視野に入れましょう。

 

ただしニキビなら何でも効果があるというわけではないです。

白ニキビや黒、紫ニキビ、ニキビ跡にはあまり効果がありません。

 

特にケロイド状の皮膚が傷ついたニキビ跡には効果がないといわれています。

sukihada3

ゲンタシンを塗る際の注意点

ゲンタシン 注意点 塗り過ぎない 耐性菌
http://medical-logs.com/gentasin-nankou-kounou-716

一部のニキビに効果が期待できるゲンタシンですが、塗るにあたって注意点があります。

では注意点を見ていきましょう。

用法・用量を守る

ゲンタシンは一般的には1日1~2回です。
患部を清潔にして指やガーゼであまり広範囲にならないように、患部のみに塗るようにします。

また、塗り忘れたからといって一度にたくさん塗り過ぎないようにしましょう。

塗る際は皮膚科医の指示に従うようにしてください。

耐性菌ができる場合がある

ゲンタシンの使用期間の目安は2週間くらいまでと考えてください。

薬を使うとだんだんと菌が薬よりも強くなってしまい、耐性菌を作ってしまう場合があります。
外用薬は内服薬に比べて耐性菌を作りにくいといわれていますが、まったくないとは言い切れないので注意が必要です。

なので医師と相談のうえ、ニキビが本当にひどい時だけ使用するようにしましょう。

 

あとこれは薬の基本ですが、使えそうであっても古いものは使用しないでくださいね。