つけまつげで二重にできるって知ってますか?

ところが二重にならないという場合があります。

 

でもコツさえ掴んでしまえばつけまつげで二重にすることは可能です。

今回はつけまつげで二重にするコツについて書いていきますね。

sukihada2

つけまつげで二重にするメリットとは?

つけまつげ 二重 メリット ナチュラル 違和感がない
https://matome.naver.jp/odai/2135531933164458501

二重にするための方法として、液体やテープなどを用いた二重まぶた化粧品があります。

これらは慣れないうちはヨレてしまったり、アイメイクがしにくいと感じる場合もあるようです。

更に、下を向いた時にまぶたの皮膚が引っ張られるような違和感を感じる場合もあります。

 

つけまつげなら、まぶたを接着しないでグッと持ち上げてくれます。

なので自然に目元が大きくなって華やかになり、目力もアップします。

目を閉じても自然な感じで違和感もありません。

 

また、液体やテープと違って、まつげのボリュームアップも一緒にできます。

このようにつけまつげだとこんなにメリットがあるんです。

sukihada3

つけまつげで二重にする方法

つけまつげ 二重にする方法 選び方 クロスタイプ
https://www.koji-honpo.co.jp/column/726

それでは基本的なやり方を見ていきましょう。

メイク前に肌を整える

メイクをする前に、顔に化粧水と乳液をつけましょう。
化粧水を馴染ませたら3~5分くらい待って、その後に乳液を乗せるとそれぞれが肌に浸透しやすくなります。

 

普段通りのメイクをする

普段通りのメイクを終わらせましょう。

ただし、つけまつげをつけると最終的な仕上がりの印象が変わります。
なのでチークやリップはまだしないでください。

メイクをする際のポイントなのですが、目のちょうど上の部分の二重幅ができるであろう箇所に、濃い目のブラウンのアイシャドウを乗せておきます。
それにより目に奥行きが生まれるのでよりパッチリとした目になります。

アイラインは細めに描いた方が目の大きさをより強調できますよ。

また、ビューラーでまつげを上向きにするのも忘れないでください。

 

つけまつげをつける

つけまつげは、

毛が長め

芯の部分が硬い

クロスタイプ

のものを選んでください。

 

つける時は大体の位置を決めたら、黒目の上の真ん中→目頭→目尻の順につけます。

位置はまつげのキワの部分からほんの数mm程度上につけましょう。

 

これらのポイントを意識することで、つけまつげで二重まぶたになれますよ。

ぜひ実践してみてくださいね。