スキンケアの一環として化粧水をつけている人も多いのではないでしょうか。

 

ところでもしも化粧水をつけなかったらどうなるのでしょうか?

化粧水をつけないと肌荒れの原因になるのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

sukihada2

化粧水をつけないと肌荒れの原因になる?

化粧水 肌荒れ デメリット
http://www.skincare-univ.com/article/005669/

洗顔をしたら、とにかく化粧水をつけて潤いを与えないと・・・なんて思っていませんか?

実は肌には、皮脂を水分のバランスを保って自ら肌の潤いを守る機能が備わっているんです。

なので化粧水がなくても潤いは保てます。

 

むしろ、化粧水を使うことによるデメリットもあるんです。

まず、化粧水はほとんどが水分です。
肌の汚れを拭き取るのに適しているものなので、本来は保湿力はそんなに高くありません。

 

そしてこれは化粧水だけではありませんが、肌にとっては異物を塗る・のせるという事になります。
それによって肌本来の機能が衰えてしまうんです。

こういったデメリットなども影響して、化粧水が肌荒れの原因となってしまう事があるんです。

sukihada3

化粧水を使わない方法

化粧水を使わない ケア方法 固形石鹸 牛乳石鹸
http://skin-care1.com/archives/211

これまで使っていた化粧水を突然止めてしまうのはなかなか勇気がいるかもしれません。

しかし先ほども書いたように、化粧水は肌の刺激となるおそれがあるんです。
肌の刺激となり得るケアを止め、肌本来が持つ力を取り戻しましょう。

 

まずはしっかりと洗顔します。

洗顔後はタオルで優しく水を拭き取り、クリームやオイルなどを使用してみましょう。

 

この時に使うのは、

  • ニベアクリーム
  • ホホバオイル
  • 椿油

などです。

 

ここで注意点なのですが、クリームではなくオイルを使う場合は、人によって合う合わないオイルがあります。

市販されているオイルの種類はたくさんあるので自分に合うものを探して使うようにしてください。

 

更にオイルの場合は洗顔後にタオルで水を拭き取らないで、そのままオイルを押し当てるようにして塗るといいです。

多くつけ過ぎないようにし、少量にしましょう。

 

また、石鹸も昔ながらの固形石鹸(牛乳石鹸)がオススメです。
よく泡立てて使いましょう。

固形石鹸は洗い流しもさっぱりとし、残り泡が少なくて水切れもとても良いです。

余計な洗い残りがないのでオススメです。

 

無理に化粧水を使わなくても肌本来の力を取り戻せば肌に潤いは保てます。

化粧水を使っても肌の調子が万全ではないなと感じた時などに、ぜひ試してみてくださいね。