「アイライナー」の記事一覧

アイライナーを粘膜に引くのが怖い!危険か?安全で大丈夫か?

アイライナー スキンケア
アイライン 粘膜 引く 悪影響 ドライアイ 炎症

目を大きく見せるための方法として、目の粘膜にアイラインを引くというものがあります。 でもアイライナーを粘膜に引くのって怖いですよね。   果たして目の粘膜にアイライナーを引くのは危険なのでしょうか? それとも安全なのでしょうか? 今回は上記の内容を中心に書いていきますね。

マスカラでパンダを防止する方法は?理由や原因は何?

アイライナー スキンケア マスカラ
マスカラ パンダ目 原因 水分 油分 摩擦

出かける前に綺麗にメイクをしたのに、気付くとパンダ目になっていた・・・。 そんな経験はありませんか?   マスカラでパンダ目になる理由や原因は何なのでしょうか? また、パンダ目を防止する方法はあるのでしょうか?   今回は上記の内容について書いていきますね。

アイライナー初心者の引き方は?一重,二重,奥二重で変わる?

アイライナー スキンケア
アイライナー 引く前 準備 マッサージ

アイライナーって慣れるまではなかなか綺麗に引けないものです。   ところで、人によって一重や二重、奥二重と異なるまぶたを持っていますよね。 まぶたによってアイライナーの引き方は変わるのでしょうか?   今回は初心者のアイラインの引き方について、まぶたのタイプ別に書いていきますね。

アイライナーが色素沈着の原因になる?成分や治し方は?

アイライナー スキンケア
アイライナー 色素沈着 原因 摩擦

アイラインはメイクには欠かせないものですよね。 そんなアイライナーですが、ずっと使っていたら色素沈着してしまったという経験はありませんか?   アイライナーが色素沈着の原因になるのでしょうか? 今回はこちらを中心に成分や治し方について書いていきますね。

アイライナーは粘膜に引かない方が良い?痛い?

アイライナー スキンケア
アイライン 位置

目を大きく見せるために重要なのがアイライナーです。   そんなアイライナーですが、まつ毛とアイラインが離れ過ぎているとやっぱりおかしいですよね。 かといって、粘膜に引いてしまっても大丈夫なのでしょうか?   今回は上記の疑問とアイライナーの引き方について書いていきますね。

ページの先頭へ