つけまつげって目を大きく見せたり華やかにしてくれますよね。

使っている人も多いと思います。

 

そんなつけまつげによって老ける事はあるのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

sukihada2

つけまつげで老ける事はある?

つけまつげ 重さ 負担 たるみ シワ 老けて見える
https://www.cosme.net/biche/articles/4pVlwWAM

つけまつげのせいで直接老けて見えるという事はほぼありません。

しかし、つけまつげの影響で老けて見える事はあります。

 

実はつけまつげは目元に負担を与え、まぶたのたるみやシワの原因となってしまうおそれがあるんです。

目の周りの筋肉は皮膚と同様、とても薄くてデリケートです。

まぶたには本来であれば地まつげの重量しかかからないので、つけまつげの重みですらまぶたにとっては余分な負担になってしまうのです。

 

発表されたとある調査結果では、つけまつげをつけた状態でまぶたを持ち上げる負担は、1年間で約95kgのものを1cm持ち上げるだけの負担に相当するといいます。

つまり100kg近い人を1cm持ち上げるだけの重量がまぶたにかかっている事になるんです。

 

これらの負担をそのままにしてしまうと、まぶたがたるんで腫れぼったい目元になってしまいます。

まぶたがたるむと無理に目を見開かなければいけないので、おでこにまでシワが増えてしまいます。

 

更にまぶたへの過度の負担は、肩こりや眼精疲労といったトラブルを引き起こす『眼瞼下垂症』の原因になるおそれもあるんです。

sukihada3

つけまつげで老け顔にならないためのポイント

つけまつげ コットン 目元 湿らせる 優しく剥がす
http://meico.jp/best-10-false-eyelashes-recommended-for%E3%80%80natural-makeup

何もしないでつけまつげを使い続けていたら老けてしまう可能性は高いです。

でもポイントさえ覚えておけば、つけまつげを使っていても老ける確率は一気に下がります。

ではそのポイントをもう少し詳しく見ていきましょう。

 

《つけまつげは優しく剥がす》

つけまつげを剥がす際に、力任せに剥がしたりしていませんか?
ただでさえ負担がかかっているまつげに、更に負担をかけてしまっては元も子もありません。

コットンなどに水を含ませて目元を湿らせて、鏡を見ながら目尻側からゆっくり優しく剥がしていくようにしましょう。

 

《まぶたの筋肉を鍛える》

まぶたのたるみを防ぐためには、まぶたの筋肉を鍛えておくといいです。

目を上下左右に動かす

8秒かけて目をギュッと閉じ、8秒かけて見開く

ゆっくり眉毛を引き上げていって限界までいったところで8秒間キープ、ゆっくりと元に戻す

このトレーニングを毎日続けるだけで、つけまつげの負荷に耐えられる強いまぶたを作れます。

 

つけまつげによる目元への負担を上手にケアしていけば、つけまつげがより一層映える目元になれますよ。